2016年11月09日

第51話 (FX)アメリカ大統領選の行方・・・明日のザラバ中には決着!

こんばんは!
長らく更新していませんでしたが、FXの方は続けていましたので、しっかりと株式市場、為替相場は観察していましたよ!
基本はFXの方しかしていませんでしたが、いやー、難しいですね。
日本時間はそれなりの結果を残せるのですが、ニューヨーク時間になったらダメダメです。
まだまだ修行が必要なようです。


スポンサーリンク





気になる一大イベント!アメリカ大統領選の行方は!?



とうとうアメリカ大統領選が始まりましたね!
えらく長いこと選挙活動をやっていたように感じましたが、選挙は1日で終了し、明日のザラバ中にはヒラリーさんかトランプさんのどちらが次期大統領となるのかが決定するようです。

ヒラリーはメール私用問題でFBIの操作を受けていましたが、選挙に間に合わせるかのように操作も終了し、訴えられる可能性は無くなったようです。
一方、トランプさんの方は数々の問題発言で自身の株を下げてきましたが、最後の最後でヒラリーさんのメール私用問題が一件落着となったせいで一気に苦しくなった、といった感じですね。

というか、今回の大統領選でトランプ氏が選ばれるようなことが起これば、それこそ世界経済が大きく狂ってしまいます。
彼は完全なる愛国主義者なので貿易面などで持ちつ持たれつの関係で良い調和が保てていた部分などが一気にアメリカ有利な条件へと傾いていく可能性があります。
要はTPPでの関税問題が日本に不利益な方向に流れやすくなるでしょう。
また、日本の防衛の要は言うまでもなくアメリカが担っていますが、その費用負担を全額ないし今まで以上に日本に求めてくる可能性があります。
まぁ、防衛の要がアメリカであるというのも問題ではあるし、費用負担の話であれば日本も考えていかねばならい部分もあるのでしょうが、現状と変わってしまうリスクという点ではトランプ氏が大統領になると大きなリスクをはらむことになります。

世界を牽引してきたアメリカの大統領が愛国主義者になってしまい、自国の利益を「より」求めるようになってしまえば、そのしわ寄せは確実に他国に起こります。
確かに、世界を牽引するためにアメリカは費用面などで多くの負担を担ってくれているのでしょうが、今の世界経済のバランスはその上で成り立っているのです。
大統領が変わることでそのバランスが崩れてしまうということは世界経済の上で非常に大きなリスクとなります。

この私の持論は、日本に不利益なことが起こりかねない、という危惧から来ています。
アメリカに甘えているこの状況で、経済的にシビアな方向に軌道修正される可能性がある、ということが物凄くリスクをはらんでいると思います。
アメリカの方からすれば「散々助けてやったんだからいいだろ」という部分もあるのでしょうが、やはりその助けの上に成り立っているものも多く、助けが無くなってしまうことが経済的に大きな打撃となるのです。

正さねばならぬ部分もあるのでしょうが、トランプ氏が大統領になってしまうと全ての物事が性急に変わってしまいそうだと感じることがリスクだと感じています。
ただただ「日本にとって不利益をもたらしそうだからトランプ氏が大統領になるのは困る」それだけの意見なので甘ったれているのはわかっています。
しかし、ヒラリーさん。
是非とも頑張って頂きたいと思います。

明日は大きく為替・株価が変動する可能性がありますので、皆さんポジション整理またはすぐに対応できるように準備をしておきましょう。
ひょっとすれば英国EU離脱並みのショックが来るかもしれませんので。

それでは★


スポンサーリンク







最新マーケット情報がPC・スマホで見放題【日経チャンネルマーケッツ】
定期預金や、国債に変わって選ばれている資産運用とは



ブログランキングに参加しています!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by カイ at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株・FX