2016年07月14日

第16話 (活用)イオンの株主優待とWAONカードの有効活用

こんばんは!
今日はイオンの株主優待とWAONカードの有効活用についてお伝えします。
我が家のメインスーパーはマックスバリュなので優待&WAONカードを駆使して節約に励んでいます。(笑)


スポンサーリンク




<優待情報>
8267 イオン
・権利確定日:2月/8月
・優待内容:オーナーズカードを発行し、株式保有数に応じてキャッシュバックが行われる
100株:3%キャッシュバック
500株:4%キャッシュバック
1000株:5%キャッシュバック
3000株:7%キャッシュバック
※半年間で100万円を上限として、イオン総合スーパーやマックスバリュでのお買い物時にオーナーズカードを提示することで対象となる。
他にもイオンモール専門店、シネマでも割引対象となる。
・3年以上の継続保有者へのギフトカード配布
1000株:2000円
2000株:4000円
3000株:6000円
5000株:7000円分





保有枚数が増えても優待内容に大きな差はありませんので資金効率を考えるならば100株保有がベターです。
また、20日30日はお客様感謝デーで5%OFFとなっていますが、オーナーズカードのキャッシュバックも有効ですので損はしません。
とはいっても、購入金額を5%OFFした額を3%OFFですので、厳密には8%OFFとはいきません。
また、イオンモールに設置されているラウンジも利用することができます。
ドリンク1杯とおかしが無料でいただけるので、お子さんを連れて休憩するにはもってこいだと思います。

ここまでが、株主優待に関する情報です。
イオンといえば電子マネーのWAONカードが有名ですが、プリペイドカードのような使い方をされている方が多いですよね。
WAONカードとして利用するのであれば年会費無料クレジットカードのイオンカードセレクトがおすすめです。
クレジットの利用は200円につき1ポイントのときめきポイントが付与されますが、ときめきポイントはWAONポイントにも変換可能です。
しかも2016年6月よりときめきポイントの付与が2倍になっています。
初めて知りました。(笑)
また、イオンカードセレクトであればWAON残高が不足した際に自動でチャージしてくれるオートチャージ機能があります。
このオートチャージの最大のメリットはチャージした金額に対してもWAONポイントが付与されることです。
オートチャージの活用により還元額は1%になります。
WAONを利用してもクレジット決済しても1%の還元を得ることができますね!
WAONカードはコンビニのローソンやファミリーマート、ミニストップでも使えますしマクドナルド、ビックカメラ、コスモ石油でも使える点もメリットです。
ただし、イオン店舗以外では残高不足の際にオートチャージはされませんので注意が必要です。

このようにイオンでお買物される際はオーナーズカードの提示とイオンカードセレクトの利用で最低4%の還元が受けられることになります。
WAONカードはイオン以外の店舗でもご利用可能ですので、イオンでオートチャージして他店舗で利用するなどすれば無駄なくポイントが獲得できます。
暮らしに溶け込んできているWAONカードですので、効率よく使って浮いたお金で欲しい物を買いましょう!

それでわ★


スポンサーリンク



posted by カイ at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活用