2016年07月26日

第23話 (日記)私が投資活動を行う目的

さて、今回は私がリスクを取ってまで投資活動を行う理由についてお話します。
みなさんは「お金を稼ぐ方法」として何が思いつきますか?
また、「お金を稼ぐ方法」として何を選びたいと思いますか?


スポンサーリンク




私が思いつく「お金を稼ぐ方法」は・・・

1.サラリーマンとして働く
2.株式投資や投資信託などで不労所得を得る
3.不動産経営を行う
4.個人事業主として起業する

こんなところが思いつきます。
1〜4は、「お金を稼ぐ方法」としての難易度や参入障壁を考慮して私なりに並べてみました。
サラリーマンは就職活動を行い、どこかの企業から採用されれば行うことのできる1番簡単な方法です。
就職するのも簡単じゃない、という意見もあるかもしれませんが、一般的に1番良くとられている方法がサラリーマンになることだと思いますので、就職難易度は考慮しません。
2番の株式投資、投資信託は証券会社を通して口座開設さえ済ませればすぐに始めることのできる、参入障壁は比較的低い方法です。
参入障壁は低いですが、元本が保証されていないのでビジネスではなくギャンブルの類として考える方もいるでしょうね。
3番の不動産投資は銀行から融資してもらい不動産を所有することになりますが、マイホームのローンですら組むのがためらわれるのに投資用不動産のために巨額のローンを組むことになりますのでなかなか始められないと思います。
4番の起業はそもそも起業して利益が見込めるだけのアイデアが浮かびませんし、利益が出せなければ借金地獄さえ見えてくるのでそう簡単に起業する方はいないでしょう。
1番リスクの少ないサラリーマンという選択肢に落ち着くのもわかる気がします。


スポンサーリンク




私の勤めている企業ですが、一応東証1部上場の企業です。
そう簡単に潰れることもないでしょうし、福利厚生もそれなりに整っています。
サラリーマンとしては悪くない給料を頂いていると思います。
ですが、サラリーマンは自分の時間を対価に賃金をもらうので、言い換えれば自分の時間を売っているとも取れますよね?
私は管理職ではありませんし、まだそんな年齢でもないので基本給プラス残業代が月々の収入源となります。
管理職であれば裁量労働制なのでいかに仕事を効率よく行うかで時給換算した時の差が大きくなります。
まあ、管理職になれば効率よく仕事をしたって次から次へと仕事が降ってくるんでしょうが…(泣)
平社員の私は時給いくらで雇われているようなものなので、効率よく仕事を終わらせてしまうと給料が少なくなってしまうことになります。
実際には次の仕事を与えられて、結局残業することになってしまうので関係ないと言えばそうなんですが、効率よく働くことは給料を下げることに繋がりかねないのが平社員です。

サラリーマンのメリットとデメリットについて検討します。
メリットは毎月安定した給料が見込めることがあります。有給休暇などもメリットですかね。
デメリットは管理職であれば裁量労働制なので、どれだけ働いても給料は変わらないこと、平社員であれば効率よく働くと手取りが下がってしまう可能性があることなどがあります。
そして、1番のデメリットは給料の上限がある程度決まってくることではないでしょうか。
私の会社だと年収1000万がざっくりとした頭打ちラインだと思います。
これ以上の給料をもらうためにはよっぽど出世して、責任ある立場にならなければなりませんが希望してなれるものでもありません。

では、年収1000万円でどの程度の暮らしができるのでしょうか?
税金や社会保険料などの給与からの天引き分を差し引いて考えると700〜800万円程度が手取りとなりそうです。
ボーナスを200万円と仮定すると月収は50万円前後といったところです。
ここから家賃、保険料、食費、そして1000万円もらえるような年齢であれば家庭を持っている可能性が高いので養育費も入ってくると考えると・・・
ざっくり見積もって月々20万円は残りそうですね。家賃(12万)、食費(8万)をざっくり見積もりました。(笑)
ここから月々貯金を3割程度行っていくとして6万円が貯金、お父さんのお小遣いが3万円・・・ってしていくと10万円程度しか余りません。
ちょっとリッチな暮らしをしていたら10万円なんてすぐになくなりそうですし、月々の出費だけで考えると年収1000万円でもそんなに手残りは多くはないと予想がつきます。
収入相応に出費が伴ってきます。服装や世間付き合いなど見栄を張らざる負えない場面も出てくるでしょうし。

そもそも年収1000万円もらっている方の割合は国税庁の調査によると約4%となります。
100人に4人しかいないのです。
普通に考えて、自分が1000万円の給与をもらえる可能性はゼロに近いことが分かります。
ちょっとリッチに年に数回家族旅行、趣味にお金をかけたり、いい車を買ったりなんて暮らしを送ることは夢でしかないですね。

だったらサラリーとは別の手段で収入を得るしかありません。
でも、社内規定で副業が禁止されている企業も多いでしょうし、別の仕事を掛け持ちしようにも体への負担が大きすぎます。
副業に関しては株などの取り引きのようにどこにも雇われないスタイルの副業であれば黙認されるケースも多いようです。
また、仕事の掛け持ちは体力的にも厳しいことや自分の時間を対価にお金を得るスタイルは私生活を犠牲にしてお金を得ることになるため、私の目指す悠々自適な生活にはマッチしません。
私の目指すところは不労所得で収入を上乗せし、年収1000万円を達成することにあります。
そして、目標を達成することができたなら、年収2000万、3000万とさらに高みを目指していきたいです。
そこで選んだのが不労所得でインカムゲイン、キャピタルゲインを狙うことのできる株式投資でした。
完全にスタートから躓き、コケてしまっているような状況ですが、スタートは切っています。
これからもあがき続けることになるとは思いますが、不労所得に一歩踏み出すことはできましたので、ここから少しづつ巻き返していきたいです。

でわ★


スポンサーリンク




ブログランキングに参加しています!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by カイ at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株・FX